カテゴリー「雑記」の記事

2007年7月27日 (金)

クールビズが高校生のように見えるサラリーマンと夏服がクールビズのように見える高校生どっちが良いんでしょうね

久々の更新ですが、今回からタイトルはその場の思いつきになりますのでご了承ください。

まず始めに喜ばしくも少々困ったことから。
今書いてる(書いてるっていうか、ローカライズですが)小説ですが、原作の方が、また2作品追加されました。もう完結していたと思ってたとメールしましたら、気分次第でまた追加するかも、とのこと。そんな感じの返事が来ました。
片や教会、片やタトゥーウィン(のロケ地であるチュニジアの砂漠)から始まってますが、どちらも具体的な人物名は最初から明かされていなくて、ま、うん、なかなか衝撃的というか、ざまあみろというか……。でもその死因はねぇ……。
とりあえず、2作品はPart1,Part2とはなってないものの、1作品にまとめてしまいたいと思います。いつものことながら、しばしお待ちください。

それにしても、使ってるのと同じ型番のMac Book(MA472J/A)が発火するとは……。確かに熱くはなるけれど、Power Book G4 12'(初代)と比べれば、全然なんだけどな……。いや、まあそれとは違うか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

早いもので……

部活を引退して早2週間、明後日で3週間になります。
今振り返ってみると、やっぱり、もう1年やりたい、なんて思ってしまいます。
昨年上手くいかなかったことを、今年なら、絶対に上手くできる、なんて……。

何より、引退して何が一番つらかったのが、部活の友達となかなか会えなくなってしまったこと。それは誰でも同じだけれど、それに、登下校のルートが同じ人たちとはなんだかんだで会ってるけれど、でも、毎日当然だったことがなくなるってことは、喪失感、虚しさ、それとも哀しみ、いや寂しさか、、、、とにかく、まとめてしまえば「つらい」の一言になるかな、それらがずっとこみ上げてくる日々が1週間ほどが続きました。それがちょうど実テと重なって、(成績が)えらいことになりました、というか、(成績とは別のことが)なってます、むしろ、なるでしょうというのは言い訳でもあるし、別の話。

まあ、そういう気分に陥ることは今でもあるけれど、それがずっと続いていたときと比べれば、平常心でいられるようになったみたいだし、慣れてきたのかな。それはそれでかなしいことかもしれないけれど、だんだんと変わってきてる、それは確か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

長々と話したことのまとめ

1時間近く無駄に話し込みましたが、ようは次のとおりです。

・深海魚が深海魚らしからぬこと実現できているのは、実は深海魚であるから

・墓場の隣のあそこって……業種に関係なくあかんと思うよ。でも、大黒さんよ、アンタの頭の中身はそればっかりかい、、、まるでアメリカの10代じゃないですかい

・↑から連想されるとおりになっててもおかしくないんじゃないかねぇ。いざとなったら、というより、そういう相手に対してなら、深海魚は容赦というか遠慮というか、そういうものは一切ないからね。

・ま、どうにでもなったらええよと思う反面、そうなったらそうなったらで、なんだか被害者になるんとちゃうかねあの人……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

狙ってんのか?やめとけよ!

いやあ、なんといいますか、あーあとしか言いようがありませんよ。
とりあえず、金曜日の話から。日付変わっていたので、正確には土曜日のこと。『帰ってきた時効警察』の録画に失敗してしまいました。ちゃんと、予約設定はしてあったのに、なんでかわからん。どうも、ディスクの読み込みができなかったらしい。たった100円ケチらずにマクセルのDVD-Rを買っとけば良かった、と後悔しつつ、冒頭の3分間を諦めつつ、適当なビデオを入れて残りはある程度、録画できました。ある程度ね……。途中で、標準モードで録画してい、テープの残量を考えると絶対に足りないことに気づき、CMの間に一度停止して、録画モード変更しようと思ってたら、案の定これにも失敗。ナターシャと霧山がキャッチボールしているあたりをすっかり録り逃してしまいました。

だからというわけではありませんが、ナターシャの「惚れてんのか?やめとけよ!」が頭から離れません。そう言ってやりたい奴らが2,3人ほどいるわけですよ。まあまあ、誰とは言わないけれど、もうすぐ任期満了を迎えるあの人とか、あの人をもてあそんでるあの人とか、その人と非常によく似ている(もしかすると、昔直接会ってるかもしれない)あの人とか、その人に近づいている(?)あの人とか(どうも、この人の話を聞くと".45"を思い出しません?)、幸せをつかんだようなつかんでないようなあの人の後任のあの人とか、、、、結構多いな……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

よくよく考えてみれば

ま、さっきのエントリでけど、!を二つもつけるほどでもなかったですね。よく見かける光景じゃないですか、こめかみ秀吉くらい。考えてもみれば、ほぼ毎日見かけてるわけですよ。僕は見てなくても、Mr.大黒はほぼ毎日、目撃してるんじゃないでしょうか?
いやいやいや、、、、、何でまたこの話題を持ち出してきたかというと、、、書きたいけど書けないこのもどかしさ!とりあえず、ヒント程度に言っとくと、Mr.大黒よ、あんたの疑問を、以前は「そんなもん、運次第やろ」と適当にあしらっとったけど、今ならあんたの言いたいこともよくわかります。………いろいろと察してください。ということで、予告です。
来週中に第2話を配信したいと思います。ただそれだけです。なんか急に書かないといけない気がしてきたので、ほんの30秒前に思いつきました。ええ。予定では、本格的に主な登場人物たちが活躍し始めるはずですが、時間と不安定なやる気の都合で、全く違った内容になるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

どうにでもなれ

久しぶりの更新です。前回、いろいろなことを予告したわけですが、実際にできているのは1つだけです。第1章に関しては、もうまもなく、あとがき(解説)が完成するので、日付が変わる頃には配信できると思います。
Schoolhouseのレビューですが、こちらはもうしばらく先に延ばそうかと。

それはそうとおいときまして、あの件は"渡ってしまった”ということなのでしょうか……そうでないにしろ、なにか特別な進展が起きたように思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

予告(2)

光源氏と藤壺の更衣の年の差がたったの5歳と知って、なんや普通やん、と思う今日この頃。

長らくお待たせしている新作はテスト終了後、第1話・第2話を完成させますので、あと2,3日ご辛抱ください。前回の更新以後、衝撃的な事実が明らかになった、とだけお伝えすることにしておきましょう。ま、裏付けがとれたわけです。ただし、冒頭の一文とは全く関係ありません。

あと、まったくMac関係を更新していないので、Mac Book使用開始1ヶ月経っての感想と、テスト前に欲しかったSchoolhouseというフリーソフトのレビューも明日・明後日くらいにはしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

実験結果

以前から予告していた、2年前のチョコレートは食べられるかをやってみました。

まず結論から言うと、食べられますよ。食べ物だもの。
では、気になった点をいくつか。
・たしか、生チョコレートだったのに、なぜか固かった。
・生チョコレートのはずなのに、クランチチョコのようだった。
・生チョコレートのはずなのに、口の中でなかなか溶けなかった。
・ホワイトチョコじゃないはずなのに、白い菌糸っぽいのがついてた。
・とりあえず、おなかは大丈夫。

保存場所は直射日光の当たらない場所でしたが、想像以上に劣化してました。言うまでもなく、もらったらすぐ食べるべきですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

回答

先週の金曜日に受けた質問についてです。
エドワード・ホールに依らずとも、皆様の御推測どおりで間違いありません。
複数の情報筋からも同様の確認がとれています。
でもまあ、当然といえば当然の結果なんじゃないでしょうか。
とりあえず、だからどうこうすることもないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

窓は角張ったリンゴを目指したのか否かに関する考察を目指したものの挫折した……

なんのこっちゃわからんタイトルで申し訳ありません。ですが、今後この路線で行きたいと思います。

昨日は部活の買い出しで名古屋のビックカメラに行ってきました。
……正確に言うと嘘です。本とCDを探しにいったついでに買い出しに行きました。
だって、このへんで輸入盤売ってるとこないもん。NobodyのAnd Everything Else…を求めて栄のHMVへ行ったものの見つからず。その前に行った新星堂でも見つからず…。

そんなこんなで、ビックカメラに到着。まず始めはストップウォッチ売り場。ボタンを押したときに、ピッ、と音が鳴らないものを探して、パッケージに耳を押しあて、試してました。みなさん、想像してみてください。時計売り場の片隅で、必死になってパッケージに耳をくっつけているところを。
よくわからなかったので、店員に聞いてみると、音が鳴るタイプの方が多いけど、どれが鳴るとか鳴らんとかは知らん、と言うので、その店員さんと二人でパッケージに耳を押しあて、鳴るかどうか確かめてました。シュールさ2倍です。
どうやら鳴らない、ということで、購入。予想していた金額の2分の1でした。
次は三脚探し。とりあえずビデオカメラ売り場へ行ってみたものの、4,5万円高いやつか1万円以下の安いものしか見つからない。地下のカメラ売り場へいったものの、やはりしっくりくるものがない。ま、せっかく来たんだし、Vistaでも見て帰るか、とパソコン売り場へ。
初めてVistaを使ってみましたが、やっぱりMacぽい。Mac Bookのデモ機にBoot Campを使ってVistaを動かしているのがあったけど、それほど違和感なし。そりゃ、半透明ウインドウにはMac OSX 10.2の頃を思い出さずにはいられないし、どことなくDashboardみたいなのもあった。でも、だからこそ余計にWindowsじゃないといけない理由もなくなったのではないのでしょうか?>地獄の監禁旅行帰りのYD、どうです?Macに乗り換えてみては?
でも、Core soloではスタートメニューを開くだけでも待たされるとは……(あくまでも、僕が使ってみたデモ機の話です)。

まあ、Boot CampでWindows XP起動して、Premiereを使ってる奴がこんなこと言ったとこで説得力ありませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧