« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月23日 (月)

11月23日

結局、神戸が使ってるのは13'なのか15'なのかはっきりしてほしい今日この頃。
第5話まで見てると、どうも13'ぽいけど、シーズン7最終話では15'だったし…と思っていたら、公式ブログ見ていると15'。意味のあるのかないのか、、、

いろいろあって、当初と同じものを入手していただけた。前回ちらっと書いた内容でも十分に素晴らしかった(申し訳ないほどに)けども、実用面や分相応であるかを考えれば、当初のもののほうが良かったので、うれしい限り。

重い話はまとまるまで放っておこうと思う。いやはや、その変革は早急すぎると思いますよお嬢さん。
しかし、そうじゃなきゃ面白くありませんわな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

結局は受け入れざるをえない

そういうわけで、これまで散々に言ってきた布陣に加わることとなりました。

前回の更新から2週間。
一時は皆が納得できないがそうせざるをえない案に決まりかけていたのが、議長役の英断で、トップについて言えばベストではないが、そのまま進むよりは良い案を実現させようという方向へ一転。
しかしそのためには、空いてしまうポストをどうするかという問題になり、それを引き受けることになるの?ならないの?というような状況で、いわば内々内定だったのが前回のエントリを書いた10月19日時点のこと。
その後、ここまで書いてきたところのポストに影響を及ぼしかねないポストに関しては華麗なる復活を遂げた方が、当初の方針を変え就任を承諾したことで、こちらの話も一気に進み、結果として僕が引き受けることに。

とは言え、昨日(正確な日付であれば一昨日)の会議で全ポストが正式に決まるまでは、心の底から引き受けようと思っていたわけではなかった。まだ決まっていなかった重要ポストに誰が就くのかが気になっていたのが最大の理由で、よもや極左(最近は極右もいましたが)政党の泡沫候補よろしく最後まで立候補を取り下げなかった阿呆が選ばれることはないとは信じていたものの、何が起こるかわからないのも事実であって、その阿呆が票数を発表されることを拒否するほどの票差で支持した候補の勝利が確定したときは安心した。

自分が一番不透明な形で選ばれたために、その点についての質問が鋭くなされたが、では他にやる人がいるか?となれば誰もいない以上問題はない。
冷静に考えるまでもなく、役損になりかねないことをやろうとする人がいれば、そのときは大喜びすることにしよう。

というのがタイトルについての話。
もはや、関係者以外わからない。
以下、関係のない話。


久々に某知人を訪ねたら、とんでもなく良い提案をもらった。すごく素晴らしいもののお金の工面をいかにするか。
少し計算したところ、11月中、1日500円程度で生活すれば問題ないものの、それはまず……無理でもないあたりが悩ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »